オッサンのゲームに纏わる奮闘記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
QDCはファミリーコンピュータディスクシステム、ツインファミコンやMZ-1500、MSX用のクイックディスク環境に於いて、Windows上のアプリケーションからドライブのコントロール(読み込み、書き込みなど)および実ドライブのエミュレーションを行うデバイス、ソフトウェア群です。

QDCの回路図やアプリケーションなどのダウンロード、使用方法、頒布希望などに関しての説明は、以下のリンクを参考にしてください。随時更新、受付を行っています。最終更新日は2015年3月12日です
*こちらからお願いします。

続きを読む
スポンサーサイト
 その7は2011年でした!wどういうこと?w

CMTE1.jpg

そんな古い記事で恐縮なのですが、最近、ばくてんさん(@bakuten_do)が作成され、ブログの記事を書いていただきました。
Twitterでフォローさせていただいておりますが、いくつか問題があったり、改良点の要望をいただいたりしたので、ちょっと改良してみました。

6年も前のことなので、ソースはよくわかんなくなっているし、回路図も今は全然違うので書いているので、時間掛かってしまいましたが、改良したものを公開します。
続きを読む
あけましておめでとうございます。
Twitterもあるので、ブログの更新頻度が滞っています。

さて、昨年の2016年9月にPC-9801シリーズでHxCを使用するために必要な拙作のVFO基板を配布しましたが、日頃から色々と情報頂いているUME-3さん(@ume3fmp)より、一つ動作に問題があるということで調べてみました。
結果的にはHxC側のバグでしたが、調べていく過程でPC-9801シリーズの挙動などもわかったことがあったので、ブログにして残しておきたいと思います。
おかしい挙動というのは「HxC+VFOをドライブ1,2、内蔵もしくは外付けの実際のドライブを3,4として設定し、ドライブ3(実際のドライブ)からブート出来ない」というもの。
結果的に「HxCを利用すると2台ではなく、4台ドライブが接続した形で認識される」という問題も解決します。
P_20170121_182544.jpg
当初VFOが悪いのかと修正したものを発送する必要があると早合点してVFOのチップをもう10個ぐらい輸入してしまいました。
VFOの基板、設計には問題ありませんでしたので、単純に在庫になっていますw
もしVFOの基板がまだ欲しいという方がありましたら、在庫ありますのでご連絡ください。

また今回PC-98シリーズの情報として、PC-98エミュレータnp2の作者ゆい☆さん(@yuinejp)より情報を頂きました。
ありがとうございます。
続きを読む
 長いことブログ更新していませんでした。
そして更新がこんな内容で申し訳ないです。

時々PC-9801シリーズでHxCを使いたいという方から問い合わせがあることがあります。
単純に使う上でいくつか問題になることがあり、その中でも過去にVFOを作成して使用できるようにした記事へ、VFOを分けて欲しいというコメントが時より寄せられています。
コメント頂いた方々には可能な限りお分けしていました。

そして最近になりPC-98シリーズやPC-88シリーズへHxCを取り付けたものや、PC-98シリーズの外付けドライブとしたものを販売されている方がヤフオクにいらっしゃるようです。
そのようなサービスがあることや、こちらのパーツの在庫がとりあえずなくなりそうなことを受けて、今回10個新しく作成したものを最後に私の方からお分けすることを終了したいと考えています。
過去のブログを辿っていただければわかりますが、回路図と必要パーツも記載していますので、ご自身で作成することもできると思います。

2016年9月15日現在でVFOの基板+外付け用変換のセットが10台あります。

その後、追加でチップが10個ほど入手できました。

2017年2月10日現在在庫10個あります。

セット内容は写真のものです。
DSC04028.jpg
こちらをセットで6500円+レターパック510として送料500円の7000円とさせてください。

追加したパーツの入手時の為替などの関係で料金を500円値上げします。申し訳ありません。
1セット7000円+送料です。(レータパックの場合は500円)


一応、2016年9月末まで 希望をお受けしますが、まあ余ってしまうかもしれませんがw

在庫がなくなり次第終了します。


使用方法は過去のブログを確認いただきたいのですが、PC-9801VM以降の機種でFDD側にVFO(データセパレータ)が必要なドライブを搭載している機種にHxCを搭載する場合の追加VFO基板です。
PC-9821シリーズには必要ありません。もしかするとPC-9801B*シリーズも必要ないかもしれませんが未確認です。

2DD/2HDのいずれの読み込み、書き込みにも内蔵、外付けとも対応しています。

5インチドライブ内蔵の場合は電源のコネクタ変換が必要です。
外付けの場合は外付け電源と50ピンケーブルやのっぺらボードなどが必要です。

必要な方はメールアドレスを記載したコメントやこちらへの直接のメール(kitahei88あっとyahoo.co.jp)(あっとを@にしてください)でお願いします。

では




寒中お見舞い申し上げます。
随分と更新をサボっていました。
Twitterとかあると、中々まとめて記事にするのが億劫になってしまいます。困ります。

さて年末年始に自分も掃除をしていたのですが、何かのプロトタイプなどに使用するつもりだったようなパーツがいっぱい出てきました。
atmegaall1.jpg
Atmegaが多くて、色々考えていたんだな〜とか思ったのですが、よく見てみるとAtmega88が3つもありました。
atmegaall2.jpg
せっかくなので何か作ってみようと考え、「そう言えば以前のメガドライブパッドの変換がModeボタンが出力できない状態だった」ということを思い出しました。
値段がやすいということでAttinyで作成したため、ピンが足りずにそういう形になったのですが、Atmega88が150円でAttiny2313が230円という逆転のような価格になっていました。
#最大動作周波数が違いますが、普通に使う8MHz程度であれば全然問題ない。
これならAtmega使ったほうが、ピンも容量も多いので、それで作りなおして見ました。

こんな感じ。


で、続きます。

続きを読む
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 レトロゲーム漫遊記 : episode2 all rights reserved.
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

プロフィール

kitahei88

Author:kitahei88
dtiblogが閉鎖されたため、こちらでお世話になります。
ただのオッサンです。

オッサンのつぶやき

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。