オッサンのゲームに纏わる奮闘記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰してしまっていました。
ゴニョゴニョやっていますが、それはもうちょっとまとまってからにして、今更の所謂ディスクイメージ化です。

HxCを利用するようになり、直接HxCで使用できるようにイメージ化することは、3.5インチ2DD、2HDや5.25インチの2DD、2HD2Dと言う具合にできますが、イメージがHFE形式であり、多くのエミュレータで対応されているような形式へは、なかなかWindows機のみでは面倒だったりします。

DOSを起動してDITTを利用する、実機と繋いでTranDiskなどを利用するでしょうか?
でも、これって面倒ですよね。
#実際DITTは微妙にバグがありますし。
折角HxC Emulator Softwareで出来るのだから何とかならないかな?と思ったのが、実は去年だったりして。

実はHxCでのイメージ化にも利用されている、「fdrawcmd.sys」の作者Simon Owen氏が公開されている「SAMdisk」というのがあります。
 
これはfdrawcmd.sysを利用して、Windows上でディスクのイメージ化および書き戻しが出来るものですが、いろいろとやりとりさせてもらいD88イメージへの対応状況を改善してもらいました。
2012年4月8日が最新版の3.2が公開されていますが、その前の3.1から対応いただき、非常に使いやすく、簡単なので紹介させてください。
Simon Owen氏には非常に感謝しています。
64bit環境なWindows機でも問題なくイメージ化、書き戻しができますよ。

まずはイメージ化から。
続きを読む
スポンサーサイト
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 レトロゲーム漫遊記 : episode2 all rights reserved.
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

プロフィール

kitahei88

Author:kitahei88
dtiblogが閉鎖されたため、こちらでお世話になります。
ただのオッサンです。

オッサンのつぶやき

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。