オッサンのゲームに纏わる奮闘記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BELUGAPCB1.jpg
BAKUTENDOさん(@bakuten_do)が作成されたBELUGAの基板です。
ラッキーなことに1次配布で手に入れることが出来ました。

現在2次配布準備中ということですので、欲しい方はBAKUTENDOさんのサイトを参照ください。

BELUGAに関して書いてみようかと思ったのですが、間違っている可能性が高いので、さらっとだけ。
現在ゲームのるつぼに所属されておられる、松島徹さんが2007年ごろに作成されたものだったと思います。
松島徹さんは、小学生や中学生だったころ、P6にゼビウスやスペースハリアーを移植するという、すごい方です。
#うわさでは、作成したコードにまったくバグが無いとか。なにそれw

BELUGAは当初、Windows上での仮想P6マシン上で動作するゲームとして作成されましたが、その後、実機P6上で動作するように改良されました。
Windows版は現在でもTinyProject主催のHashiさん(@Hashi6001)のサイトで公開されておられます。
実機P6上で動作するものを、2008年に西田ラヂヲさんがカートリッジを作成、販売されておられましたが、現在は終了しています。
西田さんのサイトには、回路図が公開されており、これをBAKUTENDOさんが基板に起こしてくださったものです。
BELUGAP61.jpg 
早速作成してみました、

続きを読む
スポンサーサイト
長いこと更新をサボっていました。

色々とやってはいたのですが、小ネタばかり(基板の修理とか)だったりと、記事にするまでではないかなということで、久しぶりです。
で、タイトルのものを作ってました。
某所で実演したのですが、その後時間も経過したので公開してみます。

完全なプロトタイプですが、ものはこちら
arcade_replay1.jpg
もうね、ぐちゃぐちゃw
使っているメインのMCUはLPC1549が載ったLPCXpresso1549を利用しています。
arcade_replay2.jpg

で、試してみるのは、
parodius_pcb.jpg
パロディウスだ!です。
#大丈夫かしら?w

これを以前記載したアップスキャンを利用して、NANAOのForisで使用しています。
upscan.jpg

#色んな所の回し者みたいですが、全く関係ありません。念の為w

で、実際の動作はこんな感じ。
#Youtubeで開いてもらったほうが、画面が大きくてわかりやすいです。


当初の目的は、アーケードゲームのプレイ動画を作成するときに、コントローラでどのように入力しているかを動画として付け加えることができるようにしたいというものでした。

上記のコントロールを動画にすると



こんな感じ。
#ジョイスティックやボタンのアイコンとか絵心ないので作れないです。
#25秒ぐらいとばしてください。


だけど、それだけだと面白くないよね?ってことで、リプレイを作成してみました。

まだまだ未完成な部分が多く、公開などは先になると思いまし、理論的に完全なリプレイは無理かもしれないと思っています。
また大きく改良したいのでここまでのプロトタイプは一旦殆ど捨ててしまう感じで作りなおしています。
やっていることはただのボタンスキャンをログにとっているだけですし、同期はパワーオンとVsyncを利用していますので、アーケードのリプレイとしましたが、コンシューマ機でも利用可能だと思います。
またアナログ入力も可能なので、ハンドルコントローラなども対応できるかなと。

では〜
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 レトロゲーム漫遊記 : episode2 all rights reserved.
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

プロフィール

kitahei88

Author:kitahei88
dtiblogが閉鎖されたため、こちらでお世話になります。
ただのオッサンです。

オッサンのつぶやき

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。