オッサンのゲームに纏わる奮闘記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウチにもやっと3.5インチのHxCが届きました。
いわゆるRev.Fというやつ。


まあ、中身は今までのものと変わりはないのですが、

9821に取り付けたいということで購入しました。
早速やってみます。


まずは34ピンのもの。PC-9821V200青札モデルというやつ。
この前わざわざ変換するようにコネクターを改造しましたが、結局そんな必要は一切ありませんでした。

最初につながっている向き(出っ張りが上に向いている)のまま、

RevFに接続すればOKです。

ただ、これだと回転数を変更する360/300の信号やDensityなどの信号がGNDにつながることになってしまいますので、300回転500Kbits/secの1.44MByteのディスクイメージが使用できませんでした。
HxC側にはこんな信号はいらないので、

こんな感じで、端から4ピン分切断しましょう。
それで問題なく動作します。

ちなみにドライブセレクトはShugartのストレートでつながっていますので、IDはID0AとID1Bをオンにして、2ドライブをエミュレートします。(写真参照)

で次、26ピンのケーブルのやつ。
PC-9821CeとPC-9821As2です。
これはさすがに変換しなければならないので、

こんなやつを作りました。

直接HxCに接続し、電源も26ピンで来ている5Vをそのまま使っています。

折角なのでドライブセレクトのところをちょっと弄って

いわゆるPC/AT機のFDDも接続できるようにしました。ジャンパで接続したドライブを1(A)か2(B)か選べるようになっています。
先ほどの34ピンのものと異なり、FDDを接続できるようにするため、いわゆるAT機の配置に準じてドライブセレクトを配置しています。
ですので、HxCはID1AとID2Bをオンです。

ただ、私の持っているドライブのうち、まともに動作したのは、PanasonicのJU-256で
このように、スイッチで34ピンからの信号をReadyに変更できるものだけでした。

PC-9821シリーズはどうやらReady信号がないと、ドライブを読み込みに行ってくれないようです。
ですので、同じJU-256でもReadyを出力するように変更できないものや、TEACのFD-235HFなどReadyが出力できないものは使用できませんでした。

そしてなぜかこのドライブは、回転数(Density)の信号を入れなくても.1.44も1.25もリードしてしまう不思議設定でした?

さらに、

そもそも本体に物理的に入らないorz。
#As2でこれです。Ceは絶対無理。
なので、ちょっとした付加機能ですが、必要なかったかも

まあ、直接HxCに接続して、

このように内蔵できるので、この基板はちょっとだけ発注してみます。
役に立つのはAs2などの大きめなものだけという、かなりニッチな基板。
こんなとこです。
では~。

スポンサーサイト
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/05/07 Tue] // # [ 編集 ] @
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/11/18 Mon] // # [ 編集 ] @
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/03/27 Thu] // # [ 編集 ] @
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/03/05 Sat] // # [ 編集 ] @
Re: PC-9801にHxCを取り付けたい
公開メッセージになっていませんが、メールアドレスなどの記載がありませんでしたので、こちらに返信します。
2016/3/5投稿いだたきましたコメントへ返信です。
HxCを取り付ける際の問題は、
PC-9801シリーズのようにドライブ側にVFOが必要なため、HxC単独の接続では動作しないもの
ドライブケーブルとコネクタが34pinのMILでないもの(5インチドライブのカードエッジコネクタやMSXの34ピンでないドライブケーブルなど)
その他別回路が必要なもの(X68シリーズのようなEject回路など)
があるかと思います。

記載された機種で考えられる問題は、
PC-9801USに接続するにはVFO基板が必要ですが、34ピンのケーブルがそのまま使えます。

PC-88は機種によりFDDケーブルとマザーが完全に固定されています。そのような機種の場合、ドライブ側のカードエッジコネクタを34ピンのMILコネクタに変換する必要があります。
そうでない機種であってももうひとつ問題があり、PC-88はドライブ1,2ともFDDにはDriveSelect0でアクセスする設定になっています。そのため1台のHxCで2台のFDDをエミュレートする場合はドライブ2側のDriveSelectをDriveSelect1などに変更するようにケーブル、コネクタを改造してHxCに接続する必要があります。

PC-98Do+はVFOも不要で、PC-88環境PC-98環境ともに使用可能ですが、もしFDDケーブルがマザー(FDDのコントロールボードでしたっけ?)に直接接続されている場合はカードエッジコネクタを変換する必要がある

以上です。
とりあえず使うならDo+が一番よいかと。
時間が出来たら、このような情報をまとめたいと思います。
では〜
[2016/03/07 Mon] URL // kitahei88 #- [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://kitahei88.blog.fc2.com/tb.php/106-c09cb0a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 レトロゲーム漫遊記 : episode2 all rights reserved.
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

プロフィール

kitahei88

Author:kitahei88
dtiblogが閉鎖されたため、こちらでお世話になります。
ただのオッサンです。

オッサンのつぶやき

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。