オッサンのゲームに纏わる奮闘記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FDSLOADERの話はちょっと中断。

またも近所のジャンクをあさっていると、動作不明のATARI2800が!!!

ソフト2本付き(何が付いているかは不明)だったのもあり、これは自分に買ってくれと言われているに違いないと考え、即購入です。

家に帰り箱を開けてみると、マニュアルなどはないものの、本体、アダプターなどは揃っているよう。
気になったソフトは、箱なしですが、スペースインベーダーとナイトドライブというナイスな選択でした。

RF出力のボックスが壊れているようでしたが、それはファミコンので代用です。

んで、早速電源オン!

って、画面出ないorz
音もなっていないし、まあいつもどおりジャンクなので、分解ですよ。
まずは分解前に簡単な動作チェック。
ATARI2800は本体裏にRFのチャンネル切り替えと、カラー、モノクロの切り替えの2つのスイッチがあります。
画面に表示されていませんが、チャンネル切り替えは出来ているようでした。

また本体前面には、レベル調整やリセットなどのスイッチが並んでいますが、これも問題なく押すことで点灯する場所が変わり、動作しているよう。

まずは接点の掃除でしょうか?

こんな感じで最初は閉じた状態のカートリッジですが、両脇にあるくぼみ部分をちょっと押すと


こんな感じで接点が出てきます。これを掃除。
結構汚かったですが、結果は一緒でした。
んで、やっぱり分解してみます。

ぱっと見は破損したパーツらしきものもなく、明らかなコンデンサの液漏れなどもないようでした。
全体にUSのqualityが見られる、良くも悪くもATARIなんだなって感じです。
上の金属のふたみたいな部分をはずすと(周囲4ヶ所にひねったツメがありますのでこれをまっすぐに捻ると簡単に外れます。)

CPUとか出てきました。
この辺も一通りチェックしましたが、おかしい感じは見当たらないよう。
この状態で電源オンしてみますが、結果は一緒。
CPUなどひとつづつ触ってみて温度など確かめましたが、明らかに異常な高温などは感じられず。
今度はCPUなどをはずして、はめ直してみたり(ソケットでした)しましたが、どうもCPUを完全にはずした状態と画面出力が変わらないようでした。
なのでCPU周りのパターンなどがおかしくなったりしていないか、チェック。
しかしわからずorz。

うーん。他の動作しているATARIなどもなく、問題を切り分けて評価できないため、出直しますよ。
しばらくATARIにはまるかも(batari BASICなども気になるので)

では
スポンサーサイト
No title
おぉっ!これは羨ましいジャンク・・・
私は未だにお目にかかったことがありません(^-^;
確認はされてると思いますが、チャンネルのプリセット触ってみましたか?
自動プリセットになってたりとかするとズレてる可能性があるので、VHFを一周するともしかしたら。
ハズレだったらごめんなさい~
[2010/09/24 Fri] URL // ぽんRev #r4pv9rQg [ 編集 ] @
なるほど、
コメントありがとうございます。そう言われてみれば、VHF適当にしていたかもしれません。試してみます。
あと、CPUの6507、I/Oの6532と画面出力などのTIAのピンアサインが分かったので、直接出力取り出してみたりしようかと思ってます。
では
[2010/09/25 Sat] URL // kitahei88 #p9I2xjkc [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://kitahei88.blog.fc2.com/tb.php/36-8774a104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 レトロゲーム漫遊記 : episode2 all rights reserved.
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

プロフィール

kitahei88

Author:kitahei88
dtiblogが閉鎖されたため、こちらでお世話になります。
ただのオッサンです。

オッサンのつぶやき

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。