オッサンのゲームに纏わる奮闘記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
データレコーダーを使ったことがある方ならこの前の写真をみると接続は簡単にわかると思います。

2.5mmの端子Remote端子でデータレコーダーのケーブルで言えば黒端子です。
3.5mmはひとつは白の端子でもう一つはどんな音声が再生されているのかチェックするためのものです。
近所のジャンクで購入した60円のスピーカーを私は使いました。
写真は単3電池2本の電池ボックスです。
マイクロSDに入れたwavファイルを再生します。
再生された音がすべて「ピーゲロゲロ」と再生されるだけで、いったいどのファイルを再生しているかわからないので、SDカードにはファイルを1つだけ入れて使っています。
そのためスイッチはwavの頭出しとして機能します。

実際の動作はこんな感じ。

#すでにちょっと改良済みですw
PC-8801mk2SRを利用してPC-8001のゲームをロードしてみています。多段ロードにも対応できていますよ!
ということで、次は実際のカセットテープをwavとして録音する方法です。

最初に注意があります。
このデバイスはあくまで仮のものです。既に改良しなければならない点など多々分かっていますので、この録音方法ですべてうまくいくという保証がありません。
また、今までにカセットテープをwavなどにしていた方で、それを利用したいと思っている方もいると思いますが、現時点では音量調整が出来ないとか、ノイズが多いとかいろいろ問題がありますので、PCからwav再生して読み込みできるwavファイルであっても、このデバイスで動作するかはわかりません。
今後、改良したものを紹介するつもりですので、その辺はまた。

私の環境で「このように録音したらうまく行った」というものを紹介します。

カセットテープを再生するデッキとしては、昔のPC用「データレコーダー」を使いました。
理由はカセットに録音されたデータの再生に特化されているので、周波数特性などが良いと考えたからです。
また、PC-88の「ファンキーモンキー」は回転数のムラを利用したと思われるアナログなプロテクトがあったりします。
そのようなテープは「ダイレクトドライブ」などのむしろ高級なデッキではプロテクトに引っかかってしまうと思われます。
なので、ある程度動作がまともな古いデータレコーダーを利用しました。

そのデータレコーダーとwavにしたいカセットテープを利用して実機でロード、プレイできることが前提です。

wavの録音は(株)コードリウム 様の「SoundEngine Free」を利用しました。
ソフト自体の使い方はいろいろとgoogle使ってください。
録音環境は「48KHz 16Bit Mono」としてみました。これは今後もうちょっと再生能力を向上させてみようと思っていることと、データレコーダーは原則モノラルの出力しかないためです。
音楽用のカセットデッキなどを利用する場合はステレオでの録音でよいと思います。
このデバイスで再生する場合はどちらかのチャンネルの出力だけに変換して「モノラル」のwavにしてください。

一番難しいのが音量ですが、これはデバイスが音量調節の機能を持っていないためと思います。
一応今回作ったもので、もっともエラーが少なかったのは「SoundEngine Free」で録音する時にほんのちょっとだけ「赤」に飛び出るくらいの音量でwavを作成です。
-2.5dBがおおよその上限というところでしょうか?

これはベルトがヘタリ気味のぎりぎり動作可能であった「PC-6082(PC-DR320)」で録音したものです。
右側にあるのがレベルメーターで、こんな感じでwavとして録音しました。
動画はこのようにして作成したwavで動作させたものです。

このwavは実機動作以外にもHAL_8999氏「j80」エミュレータの周辺アプリである「cmt8001」でエミュレータで使用できるcmt形式に変換できることも確認しました。

ちなみに同じくHAL_8999氏作成の「pcm8001」で今までに「cmt」や「t88」形式として保存したソフトをwavに書き戻したものは、ほとんどエラーなく読み込むことが出来ました。
このソフト、再現性がすごいです。

ちなみに現在、手持ちのマシン、テープなどで試したところ、PC-80は問題ないですが、音量の関係でPC-88やMSXでエラーがでます。
この点はアンプで改良できましたので、次に紹介します。

では
スポンサーサイト
No title
これは面白いですね。早速作ってみたいです。
問題はうちのPC-6082もゴムベルトが溶けていたのでファミコンのディスクシステムのベルトを強引に使ったら動くには動いたんですが、以前モニタリングで聞いていた音と違うんですね。微妙に回転数が違うのだろうか?
PC-8001で試したいのですが実機が倉庫で出せそうにないんです。
昔I/Oとかのゲームを入力したカセットは30本程手元にありますよ。
BASIC+マシン語のソフトでオートローダーにしてたと思います。
でもとりあえずapple IIで試してみたいと思います。
8ピンAVRでは無理だと思いますが、16X2 のLCDでファイル名さえ
選べるものになればメチャクチャ実用的になりますね。
私にはそんなテクは無いので超人の方々に作ってほしいところです。
[2011/07/29 Fri] URL // zaks2525 #/u9Ejvgk [ 編集 ] @
改良中です。
コメントありがとうございます。
LCDでの表示ですが、現在AVRをATtiny861に変更して改良中です。
コードは書いたのですがまた試してません。出来上がりましたら公開します。
さらに改良して録音機能も付けようと思っていますが、これはもうちょっと先で。
また、AVR直接の出力では音量がかなり小さくリードエラーが起こりますが、アンプを付けることでかなり安定して読み込みができるようになりました。wavへの録音も案外適当で動作しています。
手持ちのMSXとPC-80のテープは単純にwav化してリードできています。

ちなみにブログ拝見させていいただきました。「apple2」は憧れでした。私の知識がないので知らなかったのですが、「apple2」にもデータレコーダーがあるんですね。
異常なまでのきついディスクプロテクトが私の「apple2」のイメージでしたw
[2011/08/01 Mon] URL // kitahei88 #IWl/qvQ. [ 編集 ] @
No title
おおっ!それは朗報です。すばらしいですね。
apple IIのカセットIFは確か1500ボーだったと思います。
昔のマシンにしては結構ボーレート高いのでは?と思います。
モニターROMを数箇所書き換えるだけで4500までいけるとか聞きました。
Commodore 64とかにはテープエミュレータとかあるんですが結構高いので
改良型はかなり期待大!です。

でも問題はこれらのハードでロードの実時間が短縮されるわけでは
ないんですねw ここがつらい。
昔、HxCの今の製品版の前のフリーで公開してたやつをマジコン用に作ったのですが結局ロード時間はほぼ同じだし、SDカードにファイルをたくさん入れてもファイルのセレクトはLCDですからあまり便利に思いませんでした。
[2011/08/01 Mon] URL // zaks2525 #gmUBTgfI [ 編集 ] @
No title
HxC、作成されたのですね。結局のところロード時間の短縮を目的にしたものではないので確かにつらいですw
家にあるテープのゲームが数十本ですが、一本あたりwav化に10分ほど、その後、実機でロードのテストでさらに10分と行った状態w
そこでエラーが起こると、AB面を入れ換えてwav化から再度やり直しと気が遠くなりますw
テープのゲームであれば、エミュレータなどのメモリーイメージのような物を作成して、フラッシュから一気に転送する(レジスタ、スタックとかPCとかも)などすることが可能かもしれませんが、これだと本体に改造が必要だし、機種ごとにかなり改造方法が異なってくるので、汎用性が無くなってしまうかなと。
古い国産PCの機種の多様さには、本体を集めることさえも大変ですw
[2011/08/03 Wed] URL // kitahei88 #1GjG7XFo [ 編集 ] @
No title
なんか無性にPC-8001でゲームがやりたくなってきましたw
昔、I/Oに載ってたグラフィック麻雀をよくやりましたがあれも相当ロード
時間が長かったです。wav化してもあのロード時間か、、、、、
でももう本体が動かないかもしれませんね。モニターもデジタルRGBのやつが
ありますが軽く25年は通電してませんので絶対無理でしょう。
[2011/08/03 Wed] URL // zaks2525 #rT29PGv. [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://kitahei88.blog.fc2.com/tb.php/73-e43a431a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 レトロゲーム漫遊記 : episode2 all rights reserved.
最新記事
最新コメント
最新トラックバック

プロフィール

kitahei88

Author:kitahei88
dtiblogが閉鎖されたため、こちらでお世話になります。
ただのオッサンです。

オッサンのつぶやき

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。